CEW 株式会社 中央製作所

トピック

Modbus交流電流センサ(~600A)「PAL-Plus」を2018年春に発売

2018年01月26日製品情報

株式会社中央製作所(本社: 宮城県名取市)は、次世代センサシリーズの「PALシリーズ」センサの拡充を進めています。新製品としてModbus RTU通信対応の交流600Aまで計測できる電流センサ 「PAL-Plus」(パルプラス)を2018年春に発売します。

PAL-Plus製品画像※画像は、60A品

中央製作所は「PAL-シリーズ」新製品を、2017年11月29日(水)から12月1日(金)まで、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「計測展2017」に展示しました。

「PAL-Plus」交流電流センサ(~AC600A)(2018年春発売)

「PAL-Plus」(パルプラスセンサ)は省スペースでModbus RTU 通信の遠隔監視が容易に実現できる計測機能内蔵の交流電流センサ(~600A)です。
中央製作所では、従来、交流電流を60Aまで計測できる「PAL-Plusセンサ」を販売しておりましたが、お客様から大電流計測のご要望が多かったことから、今回、交流電流600Aまでの計測が可能な「PAL-Plusセンサ」を開発し、ラインナップを拡充します。

特徴

  • 600Aまでの交流電流の計測ができます。
  • ファクトリーオートメーション(FA)やプロセスオートメーション(PA)分野において広く普及している通信プロトコル Modbus RTU(RS-485)を採用し、Modbusに対応したマルチメータや温度センサなどの機器と組み合わせて利用可能です。
  • 超小型分割クランプ式センサであるため、通電中の既存設備へ簡単に増設でき、必要なところに最小限の投資で、電流計測を増設可能です。
定格交流電流ラインナップ
60A、100A、200A、400A、600A
計測できるデータ
交流電流値
出力方法
Modbus RTUによる交流電流値デジタル出力、LED点滅表示
概要
PAL-Plusの7つのポイント※画像は、60A品

関連情報

[製品ページ]中央製作所 交流電流計測(Modbus) PAL-Plusシリーズ(定格電流~60A)
http://www.cew.co.jp/product/pal-plus
中央製作所 監視システムー覧
http://www.cew.co.jp/products#cat2
計測展2017 オートメーションと計測の先端技術総合展 出展者一覧 中央製作所
http://scfmcs.jp/exhibitor/exhibitor_detail.html?com_id=147
計測展2017 開催概要
会期 2017年11月29日(水)~12月1日(金)
会場 東京ビッグサイト 西1・3・4ホール、アトリウム
開催時間 10:00~17:00
主催 一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)
一般社団法人 日本電気制御機器工業会(NECA)
一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)

製品に関するお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ
株式会社 中央製作所 営業部 TEL 03-3293-1061
ウェブからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
※会員登録等のお手続きは不要です。

株式会社中央製作所について

株式会社中央製作所は1943年、日本電気の協力会社として設立され、通信用部品の納入を開始。終戦直後は仙台にて端子函の組立製造で電話網の復興に尽力し、今日に至るまで情報通信社会の発展に寄与してきました。今日では情報通信インフラの整備に不可欠な受配電盤・分電盤メーカーとして、高い信頼性を持った製品を提供することを重要なミッションとし、さらなる技術開発に努めています。詳細については、http://www.cew.co.jp/companyをご参照ください。

本社・工場
株式会社 中央製作所
〒981-1251
宮城県名取市愛島台7丁目101-51
TEL (022)382-2121 FAX (022)382-8121
登録証番号JQA-2113
登録証番号JQA-EM1118