会社案内

当社は1939年に東京・蒲田で創業し、1944年に戦争疎開のため宮城県亘理町に移転しました。戦争が終わり混沌とした時代に、縁あって逓信省の仕事をするようになり、以来60年以上NTTグループ各社様をはじめとする情報通信関連のお客様と取引させていただき、皆様のお陰で今日まで歩んで参りました。改めて心より御礼申し上げます。

さて、現代の情報通信においては、光ファイバの整備、携帯電話やスマートフォンの進化により、コミュニケーションの手段が大きく変わりました。そして、それを支える情報通信基盤においても、ICT装置の飛躍的な性能向上が、データセンターやクラウドコンピューティングの利活用を促進し、ICTの在り方にさらなる大きな変化をもたらしています。一方、このような状況はエネルギー消費量の増大を招き、環境負荷を低減することも求められております。

このような環境の中、当社は受電から分電までを手掛ける総合受配電盤メーカーとして、お客様に様々な提案をして参りました。特に信頼性、コストパフォーマンスの向上、グリーン化、モジュール化を推し進め、現在では通信ビル用とデータセンター用に特化し、直流/高電圧直流及び交流給電への対応、監視システムの搭載など、幅広いニーズにお応えできるよう製品の幅を拡げ、お客様より高い評価をいただいております。

今後とも、初期投資抑制、短納期化、設備導入後の利便性向上などのお客様要望にお応えできる製品の開発を進めるとともに、さらなる品質及び生産性の向上、コストパフォーマンスの追求を課題として取り組んでいきます。

これからも当社は、よりお客様の特性や文化を理解し、ご要望を先取りした提案を行い、常に先進性のある製品を提供できるよう日々精進し、よりお客様に信頼される企業となるよう社員一同努力いたす所存ですので、さらなるご指導ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 窪内 啓介