CEW 株式会社 中央製作所

沿革

沿革

昭和17年 日本電気の協力工場として創業
昭和18年 東京・蒲田にて株式会社中央製作所を設立
昭和19年 戦時中にて、宮城県亘理町に疎開(本社移転)
昭和22年 逓信省仙台逓信局に端子函を納入開始
昭和27年 日本電信電話公社の直納メーカーとして指定を受ける
東京事務所開設(世田谷区)
昭和28年 日本電信電話工業協同組合(現 全国通信用機器材工業協同組合)が
設立され組合員となる
通信機械工業会(1948年設立 現 情報通信ネットワーク産業協会)の
会員となる
昭和32年 ソニー仙台工場(現仙台テクノロジーセンター)の製造請負を始める
(インダクタ・業務用ビデオヘッド・カセットテープ)
昭和43年 東北電気通信保全工事事務所(保工所)の電話機・交換台の
修理指定工場となる
昭和52年 仙台ニコンの製造請負を始める
(カメラボディ・レンズ用フレキシブル基板・ストロボ)
昭和54年 第二工場を建設する(亘理町逢隈神宮寺)
昭和60年 NTT仕様品「MJローゼット」の製造を始める
昭和63年 仙台市内に設計事務所を開設し、開発設計部門を移転する
平成元年 NTT仕様品「中間電流供給装置(HO-IBS)」の生産を始める
平成2年 NTT仕様品「線路試験用ダイヤル送受器(LTDTR)」の生産を始める
平成4年 NTTドコモ仕様品「中間電流供給装置(HO-IBS)」の生産を始める
平成5年 車両運行管理システム(安全君)の生産を始める
平成8年 通信設備用交流分電盤の生産を始める
平成9年 19インチラックの生産を始める
平成10年 財団法人日本品質保証機構(JQA)より、ISO9001を認証取得する
IMCS用キャビネットの生産を始める
平成11年 東京事務所を東京営業所に変更し文京区湯島に移転する
給電安定化対策用コンデンサボックスの生産を始める
平成12年 財団法人日本品質保証機構(JQA)より、ISO14001を認証取得する
平成14年 東京営業所を千代田区神田神保町に移転する
差込式MCCB搭載型交流分電盤を開発する
フロア監視システムを開発する
NTTファシリティーズ仕様品「キュービクル型低圧受電装」の
生産を始める
携帯電話有線化装置の設計・製造を始める
平成15年 設計事務所を第二工場に移転する
NTTファシリティーズ仕様品「キュービクル型高圧受電装置」の
生産を始める
平成16年 本社所在地(亘理町舘南)を第二工場(亘理町逢隈神宮寺)に移転し、
名称を本社工場に変更する
平成18年 分電盤内蔵型遠隔監視システムを開発する
平成19年 盤搭載型MCCB電流表示器の生産を始める
平成20年 物品管理システム「トリム・ボックス」の生産を始める
平成22年 営業部門を東京に集約する
交流分電盤(SVU方式)で特許を取得する
平成24年 ストリング監視機能内蔵型接続箱の生産を始める
平成25年 新社屋を宮城県名取市に建設し、本社・工場を移転する
平成26年 SVU型交流分電盤でグッドデザイン賞を受賞する
平成27年 直流電流計測方式(COMC方式)を開発する