丸の内ダイレクトアクセス株式会社

きめ細やかな顧客対応と未然に事故防止を実現

導入のきっかけ

契約と実利用の差分・予防保全対処のために、顧客ラックの電力利用状況を監視したかった

顧客ラックの電源利用状況と契約上の電力について把握することが弊社の課題でした。また、日々サーバーの入替や時間帯による変動、危険な電流値が頻発していないかなど、顧客の利用動向を把握し、ブレーカトリップを防ぐ必要がありました。運用面でも、既存のラック電力監視システムでは設定に労力を要しており、電源の割当/削除を容易に設定する必要がありました。

導入してよかった点

利用動向の把握と予防保全、温湿度監視も実現

個別ラックの電力値をリアルタイムで監視でき、定期的な記録および集計機能より、容易に運用状態を把握できるようになりました。日々サーバーの入替や時間帯による変動、危険な電流値が頻発していないかなど、顧客の利用動向を把握でき、危険値である場合は事前に検知することでブレーカトリップの事故を防げるようにもなりました。電源の新規設定や削除などのシステム登録も簡易で、日々の情報管理の工数が押さえられています。

ご担当者様のコメント

顧客ラックの電力監視に有力な管理ツール

データセンター技術部 関 啓之助様

ラック内電力監視により顧客を運用面でサポートすることで、お客様から信頼を得られる結果となっています。
集計機能により必要なデータの集計を容易に設定でき、レポート機能が優れているため、電力監視のみならず、ラック負荷変動や季節による温湿度影響を把握し、設備のチューニングに活用できます。

丸の内ダイレクトアクセス株式会社

業種

通信事業

導入先の施設

地域

東京都千代田区大手町

敷地面積

45,500㎡

この事例に活用された製品

遠隔監視システム CEW-M4

分電盤の電流、電力、電力量、温湿度のデータ監視・計測を行うEMSソフトウェアおよびハードウェアです。複数拠点のデータセンターの分電盤の使用状況を遠隔からモニタリングし、異常を検知すると管理者へメールで即座に通知します。
製品紹介やお役立ち資料を無料で
ご活用いただけます
お役立ち資料ダウンロード