会社情報

沿革

1942年(昭和17年)
窪内勇 NECの下請けとして創業
1943年(昭和18年)
東京大田区蒲田に旧・株式会社中央製作所を設立
1944年(昭和19年)
戦時中にて宮城県亘理町に疎開
1947年(昭和22年)
端子函を製造
1952年(昭和27年)
東京事務所を世田谷区に開設
日本電信電話公社指定メーカーとなる
1957年(昭和32年)
ソニー仙台工場の協力工場となる
1963年(昭和38年)
大河原町に大河原工場建設
1968年(昭和43年)
電話機修理指定工場となる
1969年(昭和44年)
村田町に村田工場建設
中央電気株式会社設立
東京時計製造の協力工場となる
1976年(昭和51年)
窪内康郎 代表取締役社長就任
1979年(昭和54年)
亘理町逢隈神宮寺に第二工場を建設
仙台ニコンの製造請負
1988年(昭和63年)
仙台市に設計事務所開設
1989年(平成元年)
中間電流供給装置(HO-IBS)を製造
1990年(平成2年)
第二工場(亘理)に新棟増築
1996年(平成8年)
PDF分電盤・19インチラックを開発 VDT障害防止システムの実用新案取得(取得実用新案名称:VDT障害防止システム)
1998年(平成10年)
ISO9001 を認証取得
金属蒸気レーザーの特許取得(取得特許名称:金属蒸気レーザー)
1999年(平成11年)
東京事務所を東京営業所に変更、文京区湯島へ移転 シュレッドチーズトッピング装置の特許取得(取得特許名称:食品均し搬送装置) サービス品質簡易確認ツールの特許取得(取得特許名称:携帯電話の通話品質確認装置)
2000年(平成12年)
ISO14001を認証取得
2002年(平成14年)
東京営業所を文京区湯島から神田神保町へ移転
フロア監視システムを開発
2003年(平成15年)
設計事務所を第二工場(亘理)へ移転
キュービクル型低圧受電装置を開発
2004年(平成16年)
本社所在地を第二工場(亘理)へ移転、名称を本社工場に変更
キュービクル型高圧受電装置を開発
2005年(平成17年)
分電盤内蔵型遠隔監視システム(SVS3)を開発
2008年(平成20年)
中央電気株式会社と合併
2010年(平成22年)
窪内啓介 代表取締役社長就任
東京営業所に本社営業部を集約
SVU型交流分電盤の特許取得(取得特許名称:交流分電盤)
DC-PDFの特許取得(取得特許名称:電流分配装置)
2013年(平成25年)
名取市愛島台に本社および工場を移転する
2014年(平成26年)
SVU型交流分電盤が2014年度グッドデザイン賞を受賞 回路遮断器および回路遮断器用アダプタの特許取得 (取得特許名称:回路遮断器および回路遮断器用アダプタ)
2017年(平成29年)
直流電流計測COMCの特許取得 (取得特許名称:非接触型直流電流センサおよび該非接触型直流電流センサを用いてなる直流電流計測システム)
2018年(平成30年)
大阪オフィス開設
2020年(令和2年)
会社分割(新設分割)および商号変更を行い、株式会社ヘキサリンク(不動産管理)と新・株式会社中央製作所(旧・株式会社中央製作所の事業を承継)の2つの会社で事業運営を開始
2021年(令和3年)
建設業許可(電気工事業)取得 コネクタ形中間電流供給装置の開発グループとして第66回(令和3年度)澁澤賞を受賞
お問い合わせする
製品の問い合わせからオーダーメイドの依頼まで、お気軽にご相談ください。
オンライン商談も可能です。
03-3293-1061
通常、2営業日以内に弊社より折り返しご連絡いたします。
受付時間:平日9:00~18:00
製品紹介やお役立ち資料を無料で
ご活用いただけます
お役立ち資料ダウンロード

その他の会社情報